ヘアケアと小顔。濡れたまま時間を置くと顔がたるんじゃう?


◆ ヘアケアと小顔の関係って?

一日の終りに、さっぱり、髪を洗ってスッキリするのって、持ちいいですよね。
髪の汚れって、結構やばいものがああります。
花粉、ホコリなどに始まって、大気中にある風邪ウイルスさえ付着しています。
邪を引いていて洗髪できない時は、せめてしっかりブラッシングしてあげてくださいね。
ところで、ヘアケアと小顔の関係について、案外無頓着な人が、多いものです。
れは、

単純に考えてみて下さい。
わたしたちの身体は、一枚の皮膚で全身つながっています。
頭皮と顔の皮膚も当然つながっています。
しかも、顔の直ぐ側に頭皮はあります。
ちなみに頭皮ですが、顔の皮膚と違う点が、あります。
それは、頭髪が生えていることです。それも重量があります。
と言っても、僅かな重みです。ロングヘアの人が、40Cm切ったとして、約100㌘程度です。
でも、髪を切ると頭が軽く感じますよね。それは、髪の張力のせいなんです。健康な髪の毛一本で、約100㌘の重さに耐えれるとも言われるように、髪には、張力がはたらいています。
また、髪のターンオーバーということを聞いたことありませんか?
これは、髪の新陳代謝です。
同時に、毛根の活性化にもつながります。
毛穴を綺麗にするのは、頭皮も顔の皮膚も同じことですが、あなたは、洗髪で最大のミステイクをしているのを知っていましたか?

◆ 顔のたるみ。髪を乾かす時に、ポイントがあった!

髪を洗いました。
女性の方は、良くやるんですが、タオルで髪を包みます。
そうすると、髪に適度な蒸らし効果が、あると信じているからです。
しかし、頭皮は、どうでしょうか?
長時間お風呂に入っていると、指の先にシワができたりしませんか?
あれは、皮膚が、温まりフヤケた状態なんです。
タオルで、長時間蒸らしていたり、あるいは、ドライヤーで髪をすぐに乾かさないと、頭皮にも同じことが、起きています。
やがて、頭皮は、顔とつながっているわけですから、顔のたるみも引き起こす原因になります。

髪は、きれいに洗ったら、すぐにドライヤーで、根本から乾かして下さい。
顔のたるみ予防には、とても大切なことです。
もちろんきれいな髪のためにも大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です