太ももの付け根にある三角地帯を柔らかくしてあげると、あら不思議。顔のむくみが取れちゃう!


◆ 太ももの付け根の三角地帯の部位って?

鼠径部(そけいぶ)って聞いたことありませんか?
股の付け根のことです。
この部分は、顔のむくみにすごく関係しています。
太ももの付け根が、顔のむくみに効くの?
まさかと思いますよね。

太ももの付け根にある三角地帯なんですが、
ここは、大腿三角と呼ばれています。
別の名をスカルパ三角とも。
ここには、足の先までつながっている「神経や血管」が、通っています。

この三角地帯は、じん帯や筋肉で囲まれています。
このあたりが、硬くなっていると、腰痛や股関節痛の原因にもなりますが、なんと小顔にもすごく影響があります。
この部分にゆがみや、緊張があると腰がくだけた姿勢になってしまいます。
その姿勢で歩行をするとその振動は、直に首を伝わって顔の筋肉に影響が及んでいきます。

正しい姿勢で、歩く。これは、顔を引き締める効果が、大きいのです。

そこで、この三角地帯を緩めるストレッチをしましょう!

◆ 大腿部の三角地帯をストレッチしよう!

1、仰向けに寝ます。
2、ベッドの端に片足を出して、だらんとします。
3、20秒その状態で。維持。
4、反対の足もします。

たったこれだけでOKです。

あとは、この部分を温めてあげるのもいいです。
使い捨てカイロなんか使うといいですよね。
くれぐれも低温やけどには、注意してくださいね。

これは、足のむくみも取れますし、すごくお勧めの操作方法なんです。
寝る前にベッドで、気楽にできますよね。
足の操作で、顔のむくみが取れるなんて、不思議ですよね。
ぜひ、続けてくださいね。

セレブが通う小顔整復サイトは、こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です