紫外線は、肌の大敵って言うけど!


太陽光には、可視光線=目に見える光と、赤外線、紫外線といった目に見えないものがあるとされます。
その中でも紫外線は、最も波長の短い光とされ、その波長によってUVA、UVB、UVCにわかれますが、実際に地表に届くのは、そのうちUVAとUVBの二つだけです。
UVCは、大気層(オゾンなど)で吸収され、地表には到達しないと言われています。

さて、UVAは、肌に急激な障害を与える作用は弱いのですが、紫外線の約9割余りあり、肌のダメージとしては、蓄積的な障害を与えます。それは、肌の奥にある真皮層にまで到達して、肌のハリや弾力を失わせて、いわゆる光老化を引き起こす原因となります。さらに、すでにできているメラニン色素を酸化させてしまって、肌を黒くさせてしまいます。

一方UVBは、太陽から届く紫外線の約1割程度と、その量は少ないのです。しかし、直接肌への影響が強いので、ごく短時間であっても、肌が赤くなる=サンバーン(日やけによる炎症反応)や、数日後に肌が黒くなるサンタン(色素沈着反応)を招く恐れがあります。この波長が短いUVBは、炎症やしみの原因となるだけでなく、肌表面の表皮細胞やなんと、DNAさえもを傷つけるなど、生体への影響が大です。

とにかく問題なのは、強い紫外線を浴びるとメラニン色素が過剰につくされ、しみやソバカスの原因になってしまいます。

紫外線は雲によりある程度遮断されるため、曇りや雨の日には地表に到達する量は減少します。ですが、UVAはUVBに比べ雲による影響が小さいため注意が必要となります。また、UVBでも薄い雲ではその80%以上が透過してしまうとされます。

しわ、老化、小顔になりたい人にとって、紫外線は大敵なのは、間違いありません。

真夏より春の紫外線は、要注意です。
絶対に、紫外線に素肌を露出しないように、気を付けたいものです。

小顔矯正なら、ココ!http://kogao-nagoya.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です